さいたま市 与野本町の獣医、いちも動物病院の眼科診療|PetLifeIchimo与野 | スタッフ

048-799-3900

スタッフ


院長紹介

いちも動物病院 院長
Pet Life Ichimo 与野 代表
松木 邦都(まつき くにひろ)
獣医師

パーソナルデータ

東京都江東区出身(1976年4月生まれ)
幼少期〜高校時代を東京下町・深川地区で過ごす。
中学2年生の頃、獣医師を目指すようになる。(当初は環境保護に興味があった)
一浪の末、私立麻布大学獣医学部獣医学科に合格。
2002年に同大学同学科を卒業・獣医師国家資格を取得。

趣味 スノーボード、ドライブ、読書全般、料理(創作和食?イタリアン?)、ガンダム作品の鑑賞など。
好物 生肉料理、みやび(さいたま市中央区)の料理、てつ屋(さいたま市中央区)の焼き鳥、キリン氷結レモン、モスバーガーなど。
小さな家族 つぶ(チワワ、3歳、女子)、めりぃ(MIX猫、15歳、男子)

職歴

2002年~ 「いちかわ動物病院」(千葉県松戸市)
代診として7年勤務。貴重な臨床経験を多く積ませて頂きました。
2009年~ 株式会社AHBインターナショナル「アテナ動物病院 与野」に院長として着任。
(埼玉県さいたま市、現「イオン動物病院 与野」)
2012年~ 近隣の「イオン動物病院 大宮西分院」の院長を兼任。
2013年~ 「イオン動物医療センター幕張新都心」の眼科担当医や眼科指導担当を兼任。
2015年~ 同社系列病院の巡回診療担当に転属。
埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県の系列病院で眼科診療を中心とした診療に従事。
2017年4月13日 全体屋号を「Pet Life Ichimo 与野」としたペット関連の総合施設を当地に開設。

ごあいさつ

多くの方々からのご支援を頂き、さいたま市のこの地にPet Life Ichimo 与野を解説することができました。
まずはお世話になった全ての方々に心よりお礼を申し上げます。ご支援ご協力ありがとうございました。

私は生粋の臨床獣医師としてキャリアを積んで参りましたが、独立開業にあたっては、あえて「動物病院単体」の施設ではなく「犬猫の生活に関わる総合施設」を創りました。この中にはいちも動物病院・トリミングサロンbeSide(ビサイド)・専門用品店I.M.select(いちもせれくと)が含まれています。

私たちペットに関わる業種の専門家たちが、犬も猫もそして飼い主さまご自身も楽しく幸せに過ごせる生活をより善くご支援するには、病院単体・サロン単体・ショップ単体ではなく、これら「それぞれが高い専門性」を持ちながら「ひとつ処で」「有機的に」「連携する」必要があると考えたからです。
オープン当初はなかなか思う通りには参りませんでしたが・・・半年を過ぎる頃からようやく理想としたスタイルが具現化してきました。
他にはない、ユニークで暖かい施設です。 どうぞ、お気軽にお越しください。

私が院長を務める「いちも動物病院」は、地域の「頼れるホームドクター」を理想形として診療を行っております。
健康管理のご相談・予防だけでなく、内科系〜外科系まで広い診療分野に対応しております。
高度に専門的な病気に対しては、各分野のエキスパートと適切に連携を取ることでより高い信頼性を維持できるよう配慮しております。

眼科診療に特に力を入れており、眼科内科から一部の眼科外科まで対応しております。
現在のところ、国内ではまだ数が少ない眼科専門医と地域の眼科患者さまを適切的確につなげるような、眼科「準」専門医としての役割を地域で果たしていけたら…と日々努力を重ねております。

「親身になって患者さまに寄り添う獣医療」が私の理想とするスタイルです。
小さな日常の疑問や不安、病気の治療について、目にまつわるあらゆる心配や疑問、なんでもお気軽にご相談ください。

動物看護士紹介

柴崎 有加里(しばさき ゆかり)
動物看護士

好きな動物、飼っているペットは?
動物全般大好きです♡昆虫と蛇はあまり得意ではないです。以前は、ウサギ、雑種の犬、ハムスター、雑種の猫を飼っていました。みんなとってもかわいい子たちです(^^)犬・猫・小動物以外では、馬が好きです。
動物看護士になったきっかけは?
飼っていた犬が、自宅で出産しました。
子犬が呼吸をしてくれず、中学生だった私は見よう見まねで蘇生させた事がきっかけとなり、高校生の時に当時かかりつだった動物病院に夏休みの度に研修させて頂くようになりました。
そこで出会った看護師さんに憧れて、看護師になりたいと強く思うようになりました。
動物と接する時に気を付けていることは?
動物たちは、当然ですが症状を言葉で、私たち人間に伝えることはできません。少しでも早く、元気になる為に小さな変化にすぐに気付けるよう心掛けています。入院中の子にも、少しでもストレスなく安心して過ごせるように1頭、1頭お世話しています。
飼い主さんへ一言
皆様の大切な小さな家族が、いちも動物病院を好きでいてくれようなおうちで過ごしているような雰囲気作りを目指しています。そして、飼い主さまの気持ちに寄り添い、気軽に声を掛けて頂けるような看護師になりたいと思います。「明るい笑顔」をモットーに頑張ります。

山越 弥紀(やまこし みき)
受付業務&ドッグレシピプランナー
(資格等:犬の管理栄養士、ペット食育士1級、ホリスティックケア・カウンセラー)

好きな動物、飼っているペット
脚が4本までの子は愛せますが虫は苦手です。
自宅には3歳になるヨークシャーテリアの女の子がいます。生後半年から完全手作りご飯で病気知らずです。
子供の頃は小鳥やハムスター、カメなどの小動物を飼っていました。
(役職・役割)になったきっかけは?
自宅の子が子犬の頃ドッグフードを食べず衰弱し、藁をも掴む思いでたどり着いたの
が手作りご飯でした。最初は我が子の為にと勉強をしていましたが食事に悩む飼い主さんの力になりたいと思い資格取得に至りました。
動物と接する時に気を付けていることは?
まだまだ不慣れなこともありますが少しでもリラックスしてもらえるように心がけています。
「なんだかいつも美味しそうな匂いのする人」として安心してもらえたら嬉しいです。
飼い主さん、お客様へ一言
医食同源をモットーにしています。
体格、体調、環境を問わず食べる楽しみを感じながら健康維持や医療のサポートになるご飯やおやつの提案をさせていただきたいと思っています。